2005年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ショップリンク】ペット ゴー



ハッピーペットライフ!ペットゴーは、ペットとオーナーの幸せなペットライフをサポートします。
※現在の商品点数 3,248点(フード類は正規代理店から仕入れており並行輸入品は取り扱っていません)
関連記事
スポンサーサイト

【初めてのワンちゃん】犬種選び

dog03.gif 忘れてならないのが、犬種選び。 性質もさまざまなので犬種によって性質(ワンちゃんの性格)も様々です。
性格が穏やかな犬種、おとなしくしつけやすい犬種、手間のかからない犬種、人懐っこい犬種、無駄吠えの少ない犬種。また、身体的な特徴として、大型犬なのか、小型犬なのか、毛の抜けにくいワンちゃんを選ぶのか、など。
貴方のライフスタイルに合わせて犬種の性質を選びましょう。

犬種の性質については、様々なサイトで紹介しているので、そこを参考にしていただけると良いです。

ちなみに我が家のプードルは性格は人懐っこく、毛も抜けにくいですし、臭いもきつくないです。ただ、少し無駄吠えが多いかもしれません。しかし、なんといっても最高なのは、毛の手触りですね!ふわふわして、病み付きになります(笑)
関連記事

【初めてのワンちゃん】ワンちゃんをどこで?

dog03.gif 色々なことをふまえで、ワンちゃんと生活するぞ!と決めた方は次は「どこでワンちゃんを購入したらよいのかな?」という疑問が出てくると思います。そこで、どんなところで購入したらよいのか?をご紹介します。

ペットショップで購入する場合は、何軒かをのぞいて比較しましょう。
ペットショップ選びのポイントは、店内が清潔で悪臭がしないこと、スタッフの知識が豊富で親身に相談に乗ってくれることなどです。購入直後に病気になったり死んでしまったりしたときの保証についても確認しておきましょう。
また、ブリーダーさんから直接来たワンちゃんが良いようです。色々なところを経由してきたワンちゃんはストレス、感染症のリスクがある可能性が高いようです。生後42日~60日でブリーダーから直送されているワンちゃん、そして生後50日~60日の間にワクチンをしているワンちゃんを取り扱っているペットショップがおすすめです。

また、ブリーダーから直接購入するのもおすすめです。
購入する前に、直接ブリーダーさんの犬舎を見学してみましょう。そこでどのような環境でワンちゃんを繁殖させているのかが分かります。 もし見学させてくれない場合は、要注意です。
また生後42日以前の子犬を渡そうとするブリーダーも要注意のようです。生後42日以前の子犬は母犬や兄弟犬と離されるストレス低下、抵抗力の弱さと感染症へのリスクが高いからです。
また、ワクチン摂取をした場合は、証明書をもらいましょう。

また、動物管理センターや民間の動物保護団体などから、飼い主のいない犬の里親になる方法もあります。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。